2006年08月28日

伝記(マザー・テレサ)

伝記・マザーテレサ


マザーテレサ.JPGマザー・テレサ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

レーガン大統領とマザー・テレサマザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月27日 - 1997年9月5日)はカトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。コルカタ(カルカッタ)で始まったマザー・テレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。マザーというのは指導的な修道女への敬称であり、テレサというのは修道名である。本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ(花のつぼみの意)。カトリック教会の福者。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラ・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ合衆国の名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民はわずか6人しかいない)。2003年10月23日、教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。




 以上は、有名なネット上でのフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用しましたが、

原書などは難しいので、肉まん父さんの二人の娘(くりぃむ&ホイップ)は次の漫画を母親(あんまん母さん)が近くの書店で購入し、それを喜んで何回も読んでいました。

マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女
[著者] あべ さより滝田 よしひろ
[種類] 単行本
[..
>>Seesaa ショッピングで買う


肉まん父さんが、この本を読んで124ページのマザーテレサの「日本に来て、わたしはとても不思議に思いました。東京の大きな駅の前にも、住む家がない人びとがいました。」
 「こんなにたくさんの物があふれた豊かな国なのに。」
 「なぜ、だれも手をさしのべずに、顔をそむけて通り過ぎるのでしょう。」

というシーンを読んで、複雑な思いを感じた事を覚えています。
ラベル:伝記
posted by 肉まん父さん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック